Pianist AZUMI 'S Photo diary Sounds and Poem in Spain

ピアニスト 安澄・AZUMI スペイン 音と詩をさがして

<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 人形浄瑠璃 曽根崎心中を観劇してきました | TOP | ダダについて思うこと、連想する事 ツァラはすごい  >>

2016.05.15 Sunday

ダダに捧げるピアノ演奏会 ご案内

0

    〜芸術には手術が必要だ!

    100年前ヨーロッパでクレイジーな芸術が誕生した

      ダダ ダダ ダダ ダダ 

    1916年、第一次世界大戦の血なまぐさい戦いの真っ最中

    スイスはヨーロッパの若い芸術家や平和主義者の避難所だった

    戦争への嫌悪と恐怖、平和の渇望、反芸術への欲求

    理性を欺くものを破壊し、非合理的秩序を発明しようとする

    天才仕掛け人トリスタン・ツァラ

    〜ダダはぼくらの強烈さだ でもなにも意味しない

    芸術は真面目なものじゃない。そいつはぼくが皆さんに保証する〜

    鮮烈な「ダダ宣言」は世界中に衝撃をあたえ、現代アートが始まった。

    チューリッヒのダダの牙城「キャバレーヴォルテール」へ捧げる

    音楽のオマージュ

    ダダ ピアノ ミュージック

    後援:在日スイス大使館  

    日時:2016年7月8日(金)

       開場18時 開演19時(終演予定20時40分)

    会場:豊洲シビックセンターホール(5階)

    出演:西澤安澄(ピアノ)

    全席自由

    前売り券:一般4000円 /小・中学生1500円/ペア(1組2名様)7000円

    当日券:一般4500円/小・中学生2000円/ペア(1組2名様)8000円

    プログラム

    ベルグ:ピアノソナタ 作品1 

    シェーンベルグ:6つのピアノ小品 作品19 

    ラヴェル: 高貴で感傷的なワルツ 

    サティ: ジムノペディ 、官僚的なソナチネ

    カゼッラ: 9つのピアノ小品集より1番 ストラヴィンスキーのために

    ストラヴィンスキー: 練習曲より 4番 無窮動 

    ドビュッシー:ピアノのために 、喜びの島  

    *曲目曲順は変更になる場合がございます。*未就学時のご入場はお断りいたします。

    お問い合わせ チケット・お取り扱い:ムジカキアラ 

    TEL:03-6431-8186 FAX:03-3495-1770 Mail: info@musicachiara.com

    営業時間:平日10:00〜18:00

    豊洲シビックセンターホール 会場へのアクセス

    〒135-0061 東京都江東区豊洲2-2-18豊洲シビックセンター5階 TEL03-3536-5061 FAX03-5560-0505 

    電車利用の場合

    東京メトロ 有楽町線 豊洲駅下車7番出口より徒歩1分

    新交通ゆりかもめ 豊洲駅下車改札フロア直結

    バス利用の場合

    都バス利用

    豊洲駅前下車 徒歩2 分

    業10 新橋⇔とうきょうスカイツリー駅前

    海01 門前仲町⇔東京テレポート駅前

    門19 門前仲町⇔深川車庫前、東京ビックサイト

    東15 東京駅八重洲口⇔深川車庫前

    東16 東京駅八重洲口⇔東京ビッグサイト

    錦13 錦糸町駅⇔晴海埠頭

    錦13 折返 東陽町駅前⇔昭和大学江東豊洲病院前

    急行06 森下駅前⇔日本科学未来館(土・休日のみ)


    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://blog.azuminishizawa.com/trackback/1250447

    トラックバック

    ▲top