Pianist AZUMI 'S Photo diary Sounds and Poem in Spain

ピアニスト 安澄・AZUMI スペイン 音と詩をさがして

<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 負けちゃいました・・・・ | TOP | ローマでプレーするジュリオ・バプティスタの奥さんに頼まれて >>

2010.03.24 Wednesday

CD完成だよっ 翻訳って大変ですね

0
    先週いっぱい、私のCD「ファリャピアノ全曲集」のために
    スペイン語で書いてもらった楽曲解説の
    日本語翻訳をしてました。

    いざやってみると、テニオハが怪しい・・とか、
    これが思った以上にけっこう難しい作業で。
    先週木曜日に完成したときは、すごく嬉しかったですよ。


    翻訳ということで、意訳にならないようにしないといけないけれど、
    日本の沢山のかたに、簡単にわかってもらえるように書きたいなどなど。

    スペインではほんとに、すごく有名なアントニオ・ガイエゴ教授が
    このCDのために素晴らしい解説を書いてくれました。
    その名文がちゃんとみなさんに伝わればいいなあと思いながら一生懸命訳しました。

    これでCDは完成。あと一ヶ月くらいでお店にお目見えします。
    このCD製作について、本当に沢山の人に出会って、かけがえのない経験をして、いろんなことを学びました。

    追ってみなさんにそんな挿話の数々をお話したいと思います。


    スペインは先週の金曜がサン・ジョセフのお休みで久々の??連休でした。
    ローマで、息抜きしてきました。
    ローマのヨットハーバーのフレンズっていうカフェにて。
    ローマ市内のトラステーベレに本店があるんですが
    ここのアンドレアさんの作るカプチーノは毎回とってもおいしいんです。
    ブログにのせて日本のみなさんに見せるっていったら
    お花の絵を描いてくれました!

    cappucino

    コメント

    はじめまして。
    クラシックギターの講師をしています。以前は長くクラシックCDの販売の仕事をしていました。ファリャのピアノ作品全集は、珍しく好企画ですね。アブリルの記事も良かったです。日本では全く演奏されませんが、メロディーと和声がとても美しい作曲家で大好きです。日本で演奏される場合は、是非プログラムに取り入れてください。
    2010/07/16 12:25 AM by Naozumi Ishikawa

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://blog.azuminishizawa.com/trackback/1203901

    トラックバック

    ▲top