Pianist AZUMI 'S Photo diary Sounds and Poem in Spain

ピアニスト 安澄・AZUMI スペイン 音と詩をさがして

<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2015.02.09 Monday

リスクをチャンスに変える!爆笑スピーチどうぞ

0
    フランス語がわからない方、すみません(汗)
    リスクをチャンスに変える。爆笑スピーチ。かなり笑えわせてもらいました。
    どうぞ。
    http://youtu.be/lWei-dU8B0M

    2015.01.02 Friday

    2015年もどうぞよろしくお願い申し上げます

    0
      先年はたくさんの方との出会い、応援をいただき素晴らしい経験をさせていただくことができました。
      本当にありがたいことと感謝しております。
      ありがとうございました。

      今年の目標
      己を深く洞察、反省を重ね、それをポジティブな力に変えて向上していく。

      私は反省をすると、ただただ自虐的に後悔が先立って悲しくなってしまいます。
      でもネガティヴな人になってしまうと、みなさんに感動や希望を与える音楽を提供できないのではないか、
      と思います。自己洞察、問題の分析をポジティブな力に変えていけるよう、努力をしたいと思います。


      音楽の目標
      スペインの音楽の作曲者であり名ピアニストだったファリャ、アルベニス、グラナドスらは
      類稀ない美しい音、非常にエレガント、良い趣味、などなどといった評価で、
      演奏家としても世界各国で大変に活躍していたのでした。
      私は彼らの奏法を研究して、作曲者の意図を読み取り演奏に磨きをかけていきたいと思います。
      スペイン音楽の持つ洗練されたヨーロッパ文化の側面と、多彩なフォークロアな側面との
      両方を深めていきたいと思います。



      さて、今日は初ラン。自宅近くの明治神宮球場で約1時間。
      気持ちよい汗を流しました。

      今年一年、一生懸命頑張ります。
      皆様、どうぞ変わらぬ暖かいご指導をくださいますよう、よろしくお願いします。

      西澤安澄





      2014.12.26 Friday

      メッセージ

      0
        こんにちは。

        もう今年も残すところあと少しとなりました。
        皆さまにとって2014年はどんな1年でしたか。

        私の2014年は本当にたくさんの出来事と変化があり、人生の再出発を意識しました。

        音楽があったからこそ乗り越えられたこと、そしてたくさんの友人、ファンの皆さんに支えてもらえたおかげで
        笑顔で年末を迎えられたこと、本当に感謝しています。


        このブログは、毎度不定期な更新なのですが、今後ともいつも応援くださるみなさまに、
        近況や、音楽について、素敵なハプニングなどをわたしのまごころのメッセージを添えて書いていきます。

        どうぞこれからもよろしくお願いします。

        西澤安澄









        2014.06.22 Sunday

        時間について

        0
          時間なんて存在しない

          時が経つのがなんて早いんだろう、、という議論をしていて
          言われた言葉です。

          自分がとらえている時間の概念って何?
          確かなのは、今現在の一瞬一瞬が続くことを時間の流れとして捉えているということだけ。

          私が捉える時間の概念、あってないようなものだけれど
          はたして、正しい概念なのか、
          わたしの頭が作り出した
          時間という名の幽霊なのではないか。

          間違っている観念に捕われて、不幸になっていないか、
          人生の一瞬一瞬を、過去の悔恨のために過ごしてしないか。

          時間について、わからない事だらけである。
          ただ、音楽をしているとき、音楽を聞いているときは
          音楽が司る時間の進行に身を任せているので、
          時間が違う次元で動いているような感覚がある。

          ゲーテのファウスト
          時よ、止まれ、お前は美しい


          時というのは、生命ということ?
          生命のない物体には時は存在しないのか?
          マテリアルでも時とともに変化するから、
          やはり時間は存在する?

          どうなんでしょ。











          2014.04.01 Tuesday

          お料理。匂い。

          0

            そして、お菓子作り。素材をキチッと器量したり計算したりするところが実験室みたいで好き。
            あと一番良いのは、甘いやさしい匂いがキッチンにたちこめて、それだけで幸せな気分になります。

            匂いってすごい。パリで好きだったのは、街の音、アスファルトに響くヒールの音。。そして匂い。
            朝のカフェから漂うコーヒーの匂い、メトロ中に充満するクロワッサンのバターの匂い。。よく憶えてます。

            ちなみにコーヒーの良さって8割が匂いだと思います。超個人的な意見ですけれど。

            にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へにほんブログ村にほんブログ村 音楽ブログへ投票♪

            ↑ブログランキングに参加しております♪是非1日1回クリックお願いします(^^)


            2014.04.01 Tuesday

            お料理。

            0


              練習は楽しいけれども、たまに同じメロディーが頭から離れなくて洪水状態になることもありますよね。
              そういう時はランニング又はお料理をします。私のストレス発散方法。
              料理は特に作り置きのできるものが好きで、夜中でも台所に立つことも。
              翌日の練習の合間に食べられて便利。
              スペイン風オムレツはベーシックに、じゃがいもと玉ねぎしか入れません。
              マドリッドの名レストラン、アルカルデの味が理想で、こだわってます。今回、とっても上手に出来ました。満足!
              野菜を切るとか、スペイン風オムレツみたいに重いフライパンをひっくり返すとか大好きです。
              体と指を使って、
              想像力を駆使して
              時間との勝負

              演奏ととても似てる。
              にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ(プロピアニスト)へにほんブログ村にほんブログ村 音楽ブログへ投票♪

              ↑ブログランキングに参加しております♪是非1日1回クリックお願いします(^^)


              2013.08.14 Wednesday

              休息 

              0
                class="pict" />

                ここはあのジーンズで名高いディーゼル本社に近い、知る人ぞ知るスパゲッティ屋さん。
                宮崎駿の世界のよう、と思いきや
                紅の豚に登場する、実在の人物アルトゥーロ フェラリンが生まれた村でありました。
                お客さんはディーゼル関係の方が多くて、エッジの効いたファッションとのどかな丘陵地帯の
                コントラストがイタリアらしいです。

                イタリアのアクロバット飛行隊、大女優ドゥーゼ、ダヌンツイオ。。。
                過去への回想はロマンチックに、際限を知らない。


                2011.10.12 Wednesday

                共感?哀愁?反対派?!

                0
                  FACEBOOK

                  がんばってください、お父さんたち。応援してます。

                  2011.08.05 Friday

                  かなこさん

                  0


                    かなこちゃん、すくすくと育ってくれました。
                    とっても可愛いのですが、やっぱり自由を奪われた鳥って可哀想です。


                    鴨の仲間と川を自由に泳いだり、空を飛んだりするのが
                    かなこにとって一番幸せなんだろうなあと、辛いけれども
                    大人になる前に野生に戻す決意をしました。

                    もうかなり大きくなったので、カラスなどに食べられる危険もないだろうし、
                    とか
                    今まで偏食し放題の鴨がちゃんと川で生きていけるかしら
                    とか
                    他の鴨にいじめられないかしら
                    とかとか

                    かなり心配もしましたが、かなこの野生の力を信じて
                    さよならの決意。

                    2ヶ月間一緒にすごせて楽しかった。ありがとう、かなこ。

                    ↓ちょっと不安になりますでしょ?

                    KANA

                    2011.06.26 Sunday

                    もう、鶏肉食べられません・・

                    0
                      かなこのおかげで、ちょっと鳥に興味が出てきました。
                      今日は、庭にとても綺麗で奇妙なな鳥が遊びに来ているのを発見。

                      頭は、まるでイギリスの女王の王冠みたいな形の冠があって、
                      胸から下は黒と白の縞模様。。。なんだか、化かされてるみたい。
                      いろいろな種類の鳥がこの世に存在するんですね。

                      早速ヤフーの野鳥図鑑でチェック。
                      鳥の外見の特徴から、目当ての鳥が探せるというとっても便利なページです。

                      そしたら・・あるある!
                      ヤツガシラって言うみたいです。
                      やつがしら

                      ▲top