Pianist AZUMI 'S Photo diary Sounds and Poem in Spain

ピアニスト 安澄・AZUMI スペイン 音と詩をさがして

<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2014.12.26 Friday

パリ

0
    パリ 


    お友達に連れて行ってもらったパリ7区にあるレストラン。雰囲気もお食事もマダムも全て完璧で痛快すぎ。
    有名なラグビー選手セバスチャン・シャバルをモデルつかった写真が気になってしょうがないので
    記念撮影。わたしはゴヤの巨人の絵に似てると思いましたが、帰宅してネットで見るとそんなに似ていないかもしれない。


    2014.12.26 Friday

    ドミニック・メルレ先生と

    0
      パリ
      ジュネープ音楽院で教わった大好きなドミニック・メルレ先生のご自宅へご飯に呼んでいただきました。いつものタートルネックとブレザーで、精力的に音楽に向かう情熱的な姿。すばらしい先生に巡り合ったと本当に毎回感謝します。いつもは厳しい先生なのですが、今回は私のイベリアのCDをとても喜んでくださいました。良かった!
      先生の奥さんはいつもちゃんと前菜からデザートまで手作りなさる(もちろんフレンチ!)。そして、ボルドー出身のメルレ先生はとってもワインに詳しく、いつもとっておきのボトルを開けてくれます。学生時代は先生の存在感と緊張感に皆、怖くって萎縮しちゃうこともありましたが、年を経ることに先生の厳しいなかにある大きな愛情に気がつき、いろいろなことに相談にのってくれて、本当に信頼のおけるすばらしい先生なのです。
      今年出した先生のベートーベンのCDは本当にすばらしいです。来年早々ベートーベンプロジェクトの続きとバッハもプログラムがあるそうで、今からとっても楽しみです。私も先生の爪の垢を煎じて頑張ります。



      2009.06.09 Tuesday

      青春のパリ オー・シャンゼリゼー!

      0
        パリには若いときに住んでいたので
        青春の想い出があるのだ。


        今回は天気が悪くって残念だったけど

        paris



        仕事の合間をぬって
        パリジェンヌの友人と
        マドレーヌ・パレロワイヤル近辺で
        お茶もできたし
        満喫してきました。



        pat


        この緑色の飲み物はみなさん
        なんだかわかりますか?
        フランス通の人はご存知だと思いますが
        ディアボロマント。
        シャルトルーズじゃないよ。

        ディアボロ(悪魔)のマント(ミント)
        という意味で
        ミントシロップのソーダ割り。
        けっこう美味しいの。
        フランス以外でお目にかかったことないので
        懐かしさのあまり(寒かったのだけど)
        注文してしまいました。

        自分が日本で学生の時には
        同名のフランス語教科書があったような記憶が・・・・。
        今思うと、フランス的とはいえ
        すごいネーミングの教科書ですねえ。
        どなたかそれで勉強したかたいらっしゃいますか?
        私は ヌーヴェル・サン・フロンティエールでしたが。


        一緒に移っているパリジェンヌの友人を
        半ば強制していっしょに
        「オー・シャンゼリゼェ〜 、オー・シャンゼリゼェ〜」
        と合唱して来ました。

        ▲top